イラストレーターの作業環境 〜アプリケーションソフト編〜 (forデジタルイラスト)

ワークスタイル

当初は油絵の具を使ったり、アクリル絵の具を使ったりとアナログでイラストを描いていたんですが、自分の活動したいスタイルに合わせてデジタルへ移行していきました。

デジタルでアナログ感を出すのは難しいですが、デジタルなりの良さや便利さがあります。

デジタルイラストを描くには色々な方法があると思いますが、私の使っているアプリケーションソフトをご紹介してみます。

お絵かきだけでなく、ファイル管理にも便利なソフトも合わせてご紹介しますね♪

adobe illustrator 〜ベクターイラストやデザイン制作に必須〜

こちらはラスターイラストを描く方には絶対必要とも言えないですが、仕事としてイラストを描いていくならあった方がいいですね。
ベクターで描きたいなら必須です。

私が今描いているファッションイラストはベクターではないですが、ラフはイラレで構成を考えたりしています。
デザイン要素が入ったイラストコラムなどは文字組みの作業もあるのでやっぱり必要です。

もともとデザインのお仕事でヘビーに使ってきたソフトなので、何かにつけイラレが手放せません。

adobe illustratorをAmazonでチェック!

adobe photoshop 〜プロとしてお仕事するなら必須〜

こちらもイラスト制作には必須のソフトphotoshop。他にも色々とお絵かきソフトはあるかと思いますが、印刷データとして作成するにはやはりフォトショップは必須でしょう。

私ももちろんフォトショップをメインに使用しています。

フォトショップは本来は画像補正ソフトですが、イラストを描くためにつかっている人は多いです。
色やテクスチャーなどオリジナリティーを出しながら仕上げる事ができます。

数年前までは紙に描いた線画を取り込んでphotoshopで着彩という工程で仕上げていましたが、最近は線画から液タブを使ってphotoshopで描き込むようになりました。

adobe photoshopをAmazonでチェック!

Word・Exlel・PowerPoint 〜クライアントとのやり取りに必要〜

マイクロソフトのワードやエクセルは、イラストを描くには必要ないですが、クライアントとのやり取りで必要になってきます。

私は仕事で使うと言っても、クライアントの原稿を読んだり、簡単な文字だけの原稿を作ったりという使い方しかしないのでWordもExlelも持っていません😣
正直文字入力以外よくわからない…!

ソフトを購入することは何度か考えたんですが、macのPages,Numbers,Keynoteでも代用できるので踏みとどまっています。

でも、やっぱり互換性がうまくいかないのか、レイアウトが崩れて読めないってことがよくあります。なので、念のため色々な方法で見て確認しています。

その中でも一番頼りにしているのは無料で使えるOpenOfficeです。

OpenOfficeはネット上で確認できるオンライン版でなく、デスクトップにインストールして使うソフトなので、簡易的でなく本格的に使える感覚があります。

オンライン版の無料ツールが使いにくいと思われる方はお試しください♪

Dropbox 〜パソコンとスマホの架け橋に!〜

スマホの画像をパソコンに持って来たかったり、パソコンのpdfをスマホで確認したかったり。
…などなどスマホとパソコンの連携ができると便利です♪

私はDropboxを使ってパソコンとスマホのデータを行き来しています。
パソコンとスマホそれぞれにアプリをダウンロードして無料で使うことができます。
(無料の場合はデータの容量の制限あり)

Dropbox Plusはこちら

番外編 〜一応持ってますクリップスタジオ〜

私が主に使っているソフトはphotoshop,illustratorですが、人気のクリップスタジオも挑戦してみました。

クリップスタジオを使ってみたい!と思った理由は、線が滑らかに描けると噂に聞いたからです。

旧バージョンのphotoshop CSでは手描き線の補正機能がないため、線ががたつくんですよね。
(私は未だCSを使用中)
クリスタは線の補正機能があるとのことで購入に至りました。

結果、滑らかにはなるかな?という感じですが、私の順応性が悪く、、とにかく制作時間を要してしまうので、今のところメインソフトにはなっておりません。

どうしても作業効率から慣れきったソフトを使用してしまうという…。
でももっと使ってみたい気はあるので、おいおい時間をつくって使えるようになりたいです😆

CLIP STUDIO PAINT EX

アストロパッド 〜ipadとパソコンをミラーリング〜

はい、こちらはほぼ使っていないipadとメインPCをミラーリングする為に購入しました!

ipadを液タブ化出来ないかと思い試行錯誤した結果見つけたアプリです。

chintiqあるからいらないじゃん。って感じなんですが、私が使っているシンティック16は結構大画面で、intiousのSサイズを使ってきた私からしたら、ほんとデカ!って感じなんです。

もちろん大きい画面は便利なんですが、ちょちょっと描きたいな。が出来なくて。
そしてipad用のドローソフトも使いこなせない私はipadでデスクトップのphotoshop使えないかなー?と思ったわけです。

アプリにしたら3,680円と少々お高い値段でしたが、普通に使えるので満足しています。

ちょっと動きがもたつくことは多いかなと思います。
でもipadをとにかく液タブ化してみたい人は試してみるといいかもです。

Astropad Standard
Astropad Standard
開発元:Astro HQ
¥3,680
posted withアプリーチ

…今現在の使用ソフトはこのような感じです。
おそらくいたって普通のラインナップだと思いますが、いかに思い通りに描けて作業効率を上げれるかを日々模索中です☺️

タイトルとURLをコピーしました